ATELIER MADE Rebirth Spoon Product Line


シルバー製のスプーンは高級品ゆえ現代のカトラリー市場ではほとんど需要がなく、本来の役割を終えて観賞用になることもしばしば。当時の高級品は仕事も細かく独特の造形もひと手間もふた手間も時間をかけてデザインされ制作されたものばかり。眠らせておくにはもったいない。その魅力に惹かれてどうにか再生できないものかと考えたのがRebirth Spoon Product Lineです。


モノづくりに携わらせてもらえるようになり12年程経ち,
今最も大切にしていることは時を経てもなお魅力的だと思えるモノづくりをするということ。そんな私たちの気持ちとリンクしたアンティークカトラリーをさらにまた後世へと残るものへとリデザインしました。


RING

























BRACELET






















火を入れて柔らかくし、ダメージの少ないハンマーで優しく整形し、硬くなればまた火を入れて冷ます。
何度も何度も。
見た目よりも軽く感じ着け心地が良いのもこういった作業があるから。


ATELIER MADE Rebirth Spoon Product Lineに少しずつですが掲載しております。ぜひご覧ください。

Collection

今年の2月久しぶりに 本当に久しぶりに
展示会形式でコレクションを発表した。新作やコラボレーションは少しづつ作って随時リリースはしていたものの、約2年間コレクションという形で一度にたくさんの新作を発表していなかった。
スケジュールをたくさん使って作ることや 期限があってそれに合わせて作ること 自分たちなりの販売方法 自分たちのペース 色々と模索していたら時間が空いてしまった お待たせしてしまっていた方々すみません。

久しぶりにたくさんの作品を発表しての総括は、「やってよかった」ということ

新型を一度にたくさん作って展示した時のアトリエの雰囲気、展示会で沢山のバイヤーさんに見せられたこと、展示会後のLOOKの撮影の仕上がり、工場さんとの協力体制の確認、あげだすときりが無いほどたくさん各所に好影響が確認できた。全部が全部いい所というわけではなく反省点もたくさん確認できた

だからやっぱり今回はやってよかったな〜  次回はいつどんな形でやるかわからないけど
自分たちのやり方を探しながら作り続けようと思う

その新作が先週から少しづつ各店に向けてリリースしてますが、その一部を画像で少しご紹介します













いつかの富山















SHOOTING

ブランド初の本格撮影を敢行
自宅の家具もアトリエのオブジェもスタッフも全員総出で
終始滞る事なく無事に終了
親しいメンバーでも緊張感を持って濃い撮影ができた事が何より










HIKE

まさに名店。行くと必ず欲しいものがあるお店。

椅子の修理をお願いしていたので引き取りに行くとまた今回も出会ってしまった。






中目黒 HIKE

写真はHPからお借りしました。


ノルウェーの家具デザイナー、トールヴョン・アフダルのその名も『Hunter』

これに深く腰掛けてコーヒー飲みながら一息ついたり、考え事したり、ゆっくりおしゃべりしたり…

と、たっぷりシミュレーションし、家具との出会いは一期一会だ〜とかまた言い訳して、


やっぱり連れて帰ることに。



自宅とアトリエそれぞれに楽しみな時間がまた増えそう





オーナーの須磨さんと息子

Page: 1/16   >>